年金生活者の日記 不況でも売れる商品。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不況でも売れる商品。

装置が“主役”に

空気中のウイルスやカビを撃退し、室内を衛生的に保つ強力な“新兵器”が、シャープが開発した「プラズマクラスターイオン」(PCI)だ。

イオン発生装置を搭載した空気清浄機「キレイオン」シリーズやエアコン、冷蔵庫が人気を呼んでいたが、発生装置の性能アップを図った高濃度イオン発生機「IG-A100」(2万5000円程度)を昨年10月に発売したところ、半年間で20万台超のヒットを記録した。

工場では当初、月産2万台を計画していたが、あっという間に売り切れ、11月は3万台へ、12月には5万台へと、増産ラッシュに沸いた。

製品に組み込まれていたイオンを発生させる“黒衣”の装置が、“主役”のヒット商品に生まれ変わった背景には、基幹部品の性能向上に地道に取り組んできたシャープの技術開発力がある。

「これまでの倍のイオンを出そう」

平成19年10月にデバイス開発部の部長に就任した深田辰雄氏は、部内に大号令を発した。
当時、空調システム事業部で商品企画に携わった深田氏は、いかにも強力そうな「プラズマクラスターイオン」の名付け親でもある。

発生装置の原理は空気中の水分子などを電極からの放電で分解し、水素イオンと酸素イオンを発生させるというもの。

 発生した水素イオン(プラスイオン)と酸素イオン(マイナスイオン)が空気中のウイルスやカビの胞子に付着すると、酸化力の強いOHラジカルという物質に代わり、菌などの活動を抑制する。

17年に開発された第6世代の発生装置を使った製品のイオン濃度は1立方センチメートル当たり約3000個。

「濃度が5000個を超えれば、抗菌・防臭効果が、より明確になるはずだ」。
長くPCI商品の企画に携わってきた深田氏には、確信があった。


続きは サンケイウェブ(「経済・IT」、2009/5/3) でどうぞ



(姉妹ブログ:ご案内)

「メタボリックシンドロームの診断について」

「fxで成功するには重要な法則がある」










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山田亮太

Author:山田亮太
小さな建設会社を営んでいましたが、5年ほど前に従業員に事業を譲って引退しました。今は、福祉用具専門相談員として近くの老人保健施設で働いています。借金こそありませんが蓄えもありません。年金だけでは生活できませんので、妻も働いています。早く、妻に楽をさせたいと思い、ネットで少しでも稼ぎたいと頭の老化防止を兼ねてアレコレ試行錯誤しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。