年金生活者の日記 「繊維の街・大阪」、変革の荒波。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「繊維の街・大阪」、変革の荒波。

かつては大手繊維メーカーが集まり、繊維問屋が連なる船場地区を擁する「繊維の街・大阪」が苦境にあえいでいる。

大阪に本社を置く繊維大手のユニチカ、東洋紡、クラボウの3社は、そろって平成21年3月期連結業績予想で最終赤字に転落する見込み。

衣料用繊維を中心に不採算事業からの撤退を余儀なくされ、産業用高機能繊維で活路を開こうとしている。
繊維の街は“変革”を迫られている。

「20年前、『東洋一』といわれたナイロン繊維工場だったのに…」とユニチカの宇治工場(京都府宇治市)関係者は、ため息をもらす。

今年3月、衣服などに使うナイロン長繊維からの撤退を発表。
生産拠点の宇治工場は規模を縮小する。

中国など海外から安価な商品が大量に流入し、採算が悪化。
羊毛も需要が減少し、一部を除き撤退する。

このため、2工場を閉鎖、縮小。
21年3月期は100億円規模の特別損失を計上し、最終損益140億円の赤字に転落する見込みとなった。

苦境に陥っているのはユニチカだけではない。


サンケイウェブ(「経済・IT」、2009/5/3)



(姉妹ブログ:ご案内)

「メタボリックシンドロームの診断について」

「fxで成功するには重要な法則がある」










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山田亮太

Author:山田亮太
小さな建設会社を営んでいましたが、5年ほど前に従業員に事業を譲って引退しました。今は、福祉用具専門相談員として近くの老人保健施設で働いています。借金こそありませんが蓄えもありません。年金だけでは生活できませんので、妻も働いています。早く、妻に楽をさせたいと思い、ネットで少しでも稼ぎたいと頭の老化防止を兼ねてアレコレ試行錯誤しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。