年金生活者の日記 景気回復は来年以降?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

景気回復は来年以降?

産経新聞社が主要業種の大手企業102社を対象に実施したアンケートで、国内景気の現状について「後退している」と認識している企業が81%を占めた。

回復時期についても51%の企業が「平成22年以降」と回答し、主要企業の多くが依然として厳しい景気認識を持っていることが浮き彫りになった。

その一方で「21年後半」には景気が回復すると回答した企業が35%と昨年末の前回調査から17ポイント増とほぼ倍増し、企業の景況感には改善の兆しもうかがえる内容となった。

足元の国内景気について、「後退している」が62%、「緩やかに後退している」は19%を占めた。
「踊り場」との回答も19%あったが、「拡大している」と答えた企業はなかった。

国内景気の回復時期については「21年後半」との回答が最も多かった。

「22年前半」が28%で続いたが、前回調査の51%から大幅に減った。

「22年後半」と「23年以降」を合わせた回答も23%と前回の24%よりわずかながら減少し、景気の先行きに対する認識は昨年末に比べて厳しさが和らいだ格好だ。

ただ、日本経済に大きな影響を与える米国景気については、国内景気と同様に「後退している」「緩やかに後退している」を合わせた回答が81%に達した。

こうした認識を反映したためか、21年度の連結業績見通しについては減収見通しが37%(前回は9%)、経常減益見通しが22%(同7%)となるなど、前回調査から悪化すると答えた企業が大きく増えた。


サンケイウェブ(「経済・IT」、2009/5/4)



(姉妹ブログ:ご案内)

「メタボリックシンドロームの診断について」

「fxで成功するには重要な法則がある」










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山田亮太

Author:山田亮太
小さな建設会社を営んでいましたが、5年ほど前に従業員に事業を譲って引退しました。今は、福祉用具専門相談員として近くの老人保健施設で働いています。借金こそありませんが蓄えもありません。年金だけでは生活できませんので、妻も働いています。早く、妻に楽をさせたいと思い、ネットで少しでも稼ぎたいと頭の老化防止を兼ねてアレコレ試行錯誤しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。