年金生活者の日記 オフィス家具、中古品の利用が広がる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オフィス家具、中古品の利用が広がる。

会社で使う机やいすなど、オフィス家具をアウトレット品や中古品でそろえる動きが広がっている。
不況で業績悪化に苦しむ企業が、少しでも経費を削減しようとしているためだ。

新品に比べて90~50%引きという値段の安さが魅力で、中小、ベンチャー企業だけでなく、大企業が利用するケースも増えている。

一方で事務所の縮小や閉鎖にともない、中古品として流れる家具類も増加しており、不況が“市場形成”に一役買っている。

コクヨの社内ベンチャーとして平成14年に創業したオフィスレット(大阪府東大阪市)。
東大阪市と東京都足立区に計2店舗を構え、コクヨ製品を中心にアウトレットのオフィス家具約500種類、文房具約2000種類を販売する。

東大阪の店舗では主にオフィス家具を取り扱っており、店内には机やいす、ロッカー、応接セットなどがずらりと並ぶ。

「仕様変更で新商品として売れなくなったり、ショールームでの展示が終了したもの、配送途中で梱包(こんぽう)が破れた商品などを引き取って販売しています」。
オフィスレットの高田昌彦社長はこう説明する。

1~2年前の型番だが、ほぼ新品の商品を定価の90~50%引き、平均約65%引きで販売。
例えば定価37万9470円の応接セットが74%引きの9万8700円-といった具合だ。


サンケイウェブ(「経済・IT],2009/5/5)


(姉妹ブログ:ご案内)

「メタボリックシンドロームの診断について」

「fxで成功するには重要な法則がある」

「ロト6」当選番号予測ソフト







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山田亮太

Author:山田亮太
小さな建設会社を営んでいましたが、5年ほど前に従業員に事業を譲って引退しました。今は、福祉用具専門相談員として近くの老人保健施設で働いています。借金こそありませんが蓄えもありません。年金だけでは生活できませんので、妻も働いています。早く、妻に楽をさせたいと思い、ネットで少しでも稼ぎたいと頭の老化防止を兼ねてアレコレ試行錯誤しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。