年金生活者の日記 グーグル、広告収益分配。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グーグル、広告収益分配。

グーグル日本法人の辻野晃一郎社長は13日、都内で会見し、国内の複数の新聞社と自社で得た広告収益を分配することで協議していることを明らかにした。

グーグルは自社の検索サイト上で、新聞社がネット上で配信する記事の見出しを、契約せずに表示するサービスを提供している。

そのため新聞社のコンテンツを無料で利用しているとの批判が、米国を中心に上がっている。

米大手通信社AP通信のディーン・シングルトン会長は6日、グーグルとの名指しは避けたものの、「契約に基づかずにウェブ上で記事を利用する行為に対しては、法的措置も辞さない」などと述べた。

辻野社長は会見でこれらの状況について触れ、「新聞社との収益の分配は、積極的に進めたい」と語った。

具体的な方法などについては、明らかにしなかったものの「個別の新聞社と話はしている」と述べた。

検索サイト上でニュースを表示するサービスはヤフーも行っているが、同社は自社サイト上で表示する新聞記事においては、有償で契約した新聞社の記事のみを利用している。

米国では広告収入の急速な減少を背景に、地方紙を中心に廃刊・休刊する動きが広がっており、その要因の一つがグーグルのような検索サイトに広告収益が流れていることが理由と指摘されている。


サンケイウェブ(「経済・IT」、2009/4/13)




(姉妹ブログ:ご案内)

「メタボリックシンドロームの診断について」

「fxで成功するには重要な法則がある」













スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山田亮太

Author:山田亮太
小さな建設会社を営んでいましたが、5年ほど前に従業員に事業を譲って引退しました。今は、福祉用具専門相談員として近くの老人保健施設で働いています。借金こそありませんが蓄えもありません。年金だけでは生活できませんので、妻も働いています。早く、妻に楽をさせたいと思い、ネットで少しでも稼ぎたいと頭の老化防止を兼ねてアレコレ試行錯誤しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。