年金生活者の日記 GDP成長率見通し、下方修正へ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GDP成長率見通し、下方修正へ。

政府が平成21年度の経済見通しについて、実質国内総生産(GDP)の成長率を0.0%からマイナス2%台前半に下方修正する方向で調整に入ったことが15日わかった。

昨年12月時点の見通しは0.0%だったが、その後の一段の景気悪化が影響し、日本経済は20年度から2年連続のマイナス成長となることが確実となった。

政府・与党は10日、過去最大規模の15兆円の財政出動を伴う追加経済対策を発表し、内閣府は21年度の実質GDP成長率を約2%押し上げる効果があるとみている。だが、「少なくとも2%以上のマイナス成長は避けられない」(政府関係者)見通しだ。

経済成長率の見通しについては、日銀が1月に予想したマイナス2.0%を下方修正する可能性がある。

21年(暦年ベース)でも、国際通貨基金(IMF)がマイナス5.8%、経済協力開発機構(OECD)は先進7カ国中最悪のマイナス6.6%を予想している。

政府は経済対策の効果も織り込んで、「(他の)先進国並みのマイナス幅」(与謝野馨財務・金融・経済財政担当相)に抑える考え。

ただ、欧米の経済状況や国内の消費動向次第ではマイナス幅が拡大する恐れもある。


サンケイウェブ(「経済・IT」、2009/4/16)



(姉妹ブログ:ご案内)

「メタボリックシンドロームの診断について」

「fxで成功するには重要な法則がある」















スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山田亮太

Author:山田亮太
小さな建設会社を営んでいましたが、5年ほど前に従業員に事業を譲って引退しました。今は、福祉用具専門相談員として近くの老人保健施設で働いています。借金こそありませんが蓄えもありません。年金だけでは生活できませんので、妻も働いています。早く、妻に楽をさせたいと思い、ネットで少しでも稼ぎたいと頭の老化防止を兼ねてアレコレ試行錯誤しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。