年金生活者の日記 長尺CM、じわり増加。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長尺CM、じわり増加。

景気後退で企業が広告出稿をしぼるなか、30秒を超える長尺テレビCMがじわり増加している。
商品の特徴やブランドイメージをしっかり訴えることができ、広告効果が高いと評判だ。

ユニリーバ・ジャパンは13日から、テレビ東京系列局でヘアケアブランド「LUX」の5分間の長尺CMを放映し始めた。

ハリウッド女優のキャサリン・ゼタ・ジョーンズさんを起用し、3月発売の新商品をPRするもの。
インターネット向けに制作した短編映画を「ブランドの持つ世界観を、ネットを利用しない人にも伝えたい」(広報マネジャー)とCM向けに再編成した。
5月以降、他局でも分単位のCMを放送する予定だ。

CM総合研究所によると、日本のCMは15秒物が約8割と圧倒的だ。
商品を視聴者に印象づけるのが主なねらいとなる。

CMで伝えきれない情報を補足するため、平成16年ごろから企業はインターネットの自社ホームページに視聴者を誘導する形のテレビCMが増えた。
ただ、視聴者は手間を嫌うため、実際にはあまり効果的とはみられていないようだ。

CM総研の関根建男代表は「商品の説明やストーリー性を伝えられる長尺CMは、効果が認められつつある」と指摘する。
企業は宣伝費圧縮で、CMにより確かな効果を求める傾向が強まっているからだ。

また、商品によって、長尺と通常のCMを使い分ける企業もある。

15秒CMの比率が高い江崎グリコは、08年発売の大人向けチョコレート「オトナグリコ」で、ブランドを丁寧に説明するため30秒CMを用意した。

シャープも薄型液晶テレビ「アクオス」では「独自性の高い商品は特徴を15秒で伝えきれない」(広報)と、30秒以上の長尺を用いている。


サンケイウェブ(「経済・IT」、2009/4/16)



(姉妹ブログ:ご案内)

「メタボリックシンドロームの診断について」

「fxで成功するには重要な法則がある」











スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山田亮太

Author:山田亮太
小さな建設会社を営んでいましたが、5年ほど前に従業員に事業を譲って引退しました。今は、福祉用具専門相談員として近くの老人保健施設で働いています。借金こそありませんが蓄えもありません。年金だけでは生活できませんので、妻も働いています。早く、妻に楽をさせたいと思い、ネットで少しでも稼ぎたいと頭の老化防止を兼ねてアレコレ試行錯誤しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。