年金生活者の日記 ダイキンのフッ素塗料をフェリーに。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイキンのフッ素塗料をフェリーに。

ダイキン工業が開発した太陽光を反射して、塗装表面の温度を20度ほど下げる「フッ素遮熱塗料」が、海運大手、商船三井の大型フェリーに採用されたことが25日、わかった。

船舶にフッ素遮熱塗料が塗装されるのは世界で初めてという。
船内の冷暖房の消費エネルギーを大幅削減できるうえ、最長で20年は塗り替えが不要といった特徴を持つ。

今回の商船三井の採用で、環境負荷が大きい船舶業界でも二酸化炭素(CO2)排出量を削減する動きが広まりそうだ。

商船三井がフェリー「さんふらわあ ごーるど」(1万1178トン)の甲板などに採用したのは、ダイキンのフッ素塗料「ゼッフル遮熱塗料」。

CO2排出量の削減と保全コストの低減が目的で、同船は神戸~大分間でダイヤモンドフェリーが運航している。

ゼッフルは赤外線の反射率が高い顔料を使うことによって、太陽光を反射して熱の侵入を防ぐ仕組み。

塗装していない場合に比べ、表面温度を15~20度下げる効果があり、これまでは工場やタンク、高層ビルに利用されてきた。

また、フッ素を配合することで、塗装直後の状態を長期間にわたって保てるほか、汚れにくいという長所を併せ持つ。

商船三井が昨年夏に、主要メーカーの遮熱塗料を比較検討したところ、ダイキンのゼッフルが最も効果があると判明。

具体的には、甲板の温度が20度以上下がり、船内の冷房用エネルギーが48%軽減された。
これによってCO2排出量を年間8.9トン(C重油換算で2.2トン)削減できるという。

商船三井はフェリーだけでなく今後は客船や自動車運搬船にも採用していく方針。
ダイキンでは「塗料事業推進部」を新設し、工場やビルだけでなく、船舶向けの売り込みも強化する。


サンケイウェブ(「経済・IT」、2009/4/26)



(姉妹ブログ:ご案内)

「メタボリックシンドロームの診断について」

「fxで成功するには重要な法則がある」











スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山田亮太

Author:山田亮太
小さな建設会社を営んでいましたが、5年ほど前に従業員に事業を譲って引退しました。今は、福祉用具専門相談員として近くの老人保健施設で働いています。借金こそありませんが蓄えもありません。年金だけでは生活できませんので、妻も働いています。早く、妻に楽をさせたいと思い、ネットで少しでも稼ぎたいと頭の老化防止を兼ねてアレコレ試行錯誤しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。